オンラインカジノのポーカー、バカラで借金地獄体験談。破産しかないと思ってたけど【30代/380万円任意整理】

目次 表示

借金解決Q&A「オンカジで借金地獄になってしまった」

いわゆるオンカジで借金地獄に落ちたという状況でつらいです。パチンコが好きだったのですが、オンラインカジノに手を出したら借りたお金も使い果たしてしまい…どんどん借金は増えていくし、返済がきつくて。

あける

「オンラインカジノで返しきれない借金をしてしまった」というお問合せをたくさんいただいています。

オンラインカジノの借金だからと言って、破産しかないと諦めていませんか?

しかし実は、借金で自己破産している方はごくわずかなんです。

もしあなたがオンラインカジノの借金に困っているのであれば、借金減額シミュレーターを活用することをおすすめします。
今後の返済をどのようにしていけば良いかなどについて、無料・匿名で法律事務所へ相談することができます。

実際に、ギャンブルで借金を抱えた75%の人がシミュレーターを利用しています。
減額シミュレーターを使ったからといって、「必ずしも債務整理(減額手続き)を行わなければいけない」というわけではないのでご安心ください。
借金問題は1人で悩まず、減額シミュレーターなど無料で使えるものを上手く活用しながら、専門家の意見を聞いて解決へと向かうのが借金問題解決への近道だと言えます。

体験談が解決への道しるべとなります

今、このページをご覧になっているということは、「借金問題からなんとか解放されたい」と情報をお探しのことでしょう。

どうぞご安心ください。

このサイトには、過去に借金で苦しんでいた人々がどのように解決したのか、その体験談を豊富に掲載しています。

借金総額の体験談は、あなたと似たような状況から抜け出すことができた「リアルな解決法」が盛りだくさんです。

ぜひ一刻も早く、この不安な気持ちから解放され、あなたが望むいわゆる普通の生活を手に入れてください。

2020年5月~2023年9月の「あけるさいむ」ユーザーアンケートに基づくものです

上記、借金総額に応じたページへ遷移して、分析データを見たり体験談を読んだりすることで、今の不安を和らげることができるでしょう

オンラインカジノとは何?違法行為で犯罪にあたる?

オンラインカジノとはインターネット上でプレイできるギャンブルのことです。オンラインカジノのサイトにアクセスしすると、各ギャンブルのプレイ画面が表示され、スロットをはじめとしてルーレットやポーカーなどに興じることができます。

オンラインカジノの利用は、日本国内で刑法の賭博罪などにあたる違法行為です。しかし、利用者は近年増加しており、多額の借金返済に苦しむ人や、中にはギャンブル依存症に陥ってしまう人もいるようです。

消費者庁や警察庁ではオンラインカジノの利用に対して、下記のような注意喚起を行なっています。

日本国内ではオンラインカジノに接続して賭博を行うことは犯罪です!

海外で合法的に運営されているオンラインカジノであっても、日本国内から接続して賭博を行うことは犯罪になります。
実際にオンラインカジノを客として利用した者が賭博罪で検挙された事例もあります。
犯罪になることを知らなかったでは済まされません。
賭博は犯罪です。絶対にやめましょう。

引用:消費者庁/ 日本国内ではオンラインカジノに接続して賭博を行うことは犯罪です!

引用:警察庁/消費者庁 日本国内ではオンラインカジノに接続して賭博を行うことは犯罪です!

オンラインカジノで借金地獄に陥ってしまう人の特徴

オンラインカジノは一種のギャンブルですので、賭けに負けた場合には、借金や破産に繋がる危険性があります。
現にオンラインカジノで多額の借金を抱え、破産したという方も少なくないでしょう。

オンラインカジノが原因で借金してしまう人には以下のような特徴があると言われています。オンカジで借金を作らないために、以下の点に注意してプレイすることが重要です。

オンラインカジノで借金をしてしまう人の特徴

・クレジットカードで入金している
・損切りができない
・出金中(現金化申請中)でもオンカジをする
・過去に大勝ちしたことがある
・オンカジにかかる税金を知らない

オンカジ資金をクレジットカードで入金

オンラインカジノの資金を、クレジットカードで入金してしまうと、限度額の上限までお金を使ってしまう可能性があります。その結果、多額の借金をすることになり、破産とも隣り合わせの状況になりかねないというわけです。
「クレジットカードの限度額は少額に設定しているので大丈夫!」という方もいるかもしれません。しかし、オンカジ資金を複数のクレジットカードで入金していた場合はどうでしょうか?気づかぬうちに複数のクレカで限度額いっぱいまで入金していた、なんてことがあれば多額の借金を背負うことになるケースもあります。

うっかり借金してしまうリスクをなくすためにも、クレジットカードでオンカジ資金を入金するのはおすすめできません。

損切りができない

損切りとは、ロスカットやストップロスとも呼ばれる投資の基本用語です。損切りを簡単に言えば「投資などで損失が出た際に、もう少しお金をかけてプラスに持っていきたいけど、これ以上の損失を出さないために、ここでストップをかける」という意味です。損をしている状態だけど、これがさらなる大損にならないために投資をストップさせるということですね。

オンラインカジノで勝ちが続いていると欲が出て、やめ時が分からなくなってしまったり、負けている際には損失を取り返したいとやめ時が分からなくなってしまったりするケースは多々あるでしょう。

ギャンブルは大体そうですが「何万円勝ったらやめる」「何万円負けたらやめる」など金額を決めてオンラインカジノをしないと、借金をしてしまう可能性があります。

出金中(現金化申請中)でもオンカジをする

オンラインカジノでの勝ち分を出金するには、銀行の場合は1~3営業日ほどかかります。この出金までの時間が待てないからと、勝ったお金でさらにオンラインカジノに興じてしまう方は意外と多いようです。
「さらに儲けるはずがマイナスを出してしまい、借金をするというケース」に繋がる危険性があります。

過去に大勝ちしたことがある

オンラインカジノだけではなく、ギャンブル全般で言えることではありますが、一度大勝ちをしたことがある方は「損失が出ても、大勝ちで取り返せばチャラだから平気」と考えてしまう傾向にあります。

オンラインカジノで掛け金を引き上げるのは、借金につながるリスクが高いので注意が必要です。

オンカジにかかる税金を知らない

オンラインカジノでの勝利金は一時所得として扱われ、年間50万円を超える場合は税金がかかります。(ただし、会社員などの給与所得者の場合、オンカジの勝利金が年間90万円を超える場合に税金が発生します。)

オンラインカジノ初心者は特にこの税金のことを考えずに、オンカジに興じてしまう方も多く、「オンカジで稼いだお金はもうとっくに使ってしまったのに、多額の税金の支払いがあるのを今知った…」という状況から借金になるケースも。
自分がオンラインカジノで買った分から、いくら税金を支払わなければいけないのか考えてお金を使わないと、うっかり借金を背負うことになってしまうというわけです。

オンカジで借金したらやばい?人生終わり?

オンカジで多額の借金をしてしまったからといって、人生終わりというわけではありません。
オンラインカジノの借金は、債務整理(任意整理、個人再生、任意整理)で借金を減らすことが可能です。

オンカジを含むギャンブルや浪費が原因の借金は、自己破産しても返済が免除されないという「免責不許可事由」という制度があります。しかし、ギャンブル以外にも借金を背負った原因があるケースが多く、この場合には「裁判官の裁量免責」という制度によって、自己破産をすることができます。

借金返済は1人で悩まずに、お近くの法テラスや法律事務所に相談に行きましょう。もちろん、当ページでご紹介している減額シミュレーターからも無料・匿名で相談ができます。

また、オンカジに借金するほどのめり込んでしまったという方々は、ギャンブル依存症になっている可能性も十分にあります。ギャンブル依存症の疑いがある場合は、借金の再発防止のためにもギャンブル依存症の治療を受けるとよいでしょう。

消費者庁ではギャンブル依存症にお困りの方々へ、役立つ資料を発信しています。

ギャンブル依存症からの回復に向けて 本人にとって大切なこと

・小さな目標を設定しながら、ギャンブル等をしない生活を続けるよう工夫し、ギャンブル等依存症からの「回復」、そして「再発防止」へとつなげていきましょう(まずは今日一日やめてみましょう。)。
・専門の医療機関を受診するなど、関係機関に相談してみましょう。
・同じ悩みを抱える人たちが相互に支えあう自助グループに参加してみましょう。

引用:消費者庁 ギャンブル等依存症でお困りの皆様へ

引用:消費者庁 ギャンブル等依存症問題啓発週間ポスター(毎年5月14日~20日)

オンラインカジノの最新相談事例や借金体験談(2023年10月12日更新)

国民生活センターでは、オンラインカジノでのお金のトラブルに関する相談事例が紹介されています。

オンラインカジノ相談事例

・オンラインカジノのアフィリエイトで儲かると勧誘を受けて契約したが、儲からないのでやめたい。
・友人に紹介されてオンラインカジノに登録した。儲けを受け取るために必要と言われ手数料を振込んだが入金がない。苦情を伝えたら追加金を請求された。

引用:国民生活センター / オンラインカジノ

また、あけるさいむではX(旧twitter)にてオンラインカジノで借金した方の体験談や口コミについて調査しました。

オンラインカジノが原因で数十〜数百万円単位という多額の借金を抱えてしまったという方は多いようです。また「オンカジはパチンコや競馬などと変わらぬ、気軽なギャンブルのように捉えてしまい借金に至る」という方も少なくない印象を受けました。

オンラインカジノは違法といえど、想像よりも身近なギャンブルとして普及しているようです。


私も元々450万借金あり、3ヶ月前海外のカジノで250万負けそこから借りれるだけ借りまくってオンカジで3週間で250万負けましたよ😅
最後はヤケクソで今月の支払い60万程出来ません笑

引用:X (旧 Twitter)より

高梨さん(仮名)


私もギャンブル依存症。最近は、オンカジ…。あれは、ホンマあかん…。6月、7月だけで借金350万増えた…。
今は、カードは1枚にして普段は実家に置いていて必要な時だけ取りに行く。
後、銀行のキャッシュカードは、平日は家に休日は職場に置いておく事によってギャンブル出来ない環境を無理やり作った。

引用:X (旧 Twitter)より

古谷さん(仮名)

オンカジのルーレットで、10分で300万溶かしました🤦‍♀️

引用:X (旧 Twitter)より

森川さん(仮名)


私も借金の概ねはオンカジですね
クレカ入金でショッピング枠200万即死でした。。
オンカジや公営ギャンブルに出会ってからパチンコ辞めてましたが半年くらい前に再開しましたがパチンコスロットもちっとも遊ばせてくれなくです😭

引用:X (旧 Twitter)より

斉藤さん(仮名)

小田さん(仮名)


オンカジで80万借金した
はは……一瞬だったなあ……現実として受け止められないや
毎月16000円のお小遣いでどうしろと……

引用:X (旧 Twitter)より


オンカジでどうして何百万も借金をできるのか調べてみたらクレカのショッピング枠を使ってるからみたいですね。たしかにあれなら総量規制対象外。
上手にできている・・・やるべからず

引用:X (旧 Twitter)より

上条さん(仮名)


私はオンカジで2日で200万負けました。小遣い4万のサラリーマンが。

辞めるまでは負け続けるだけと今は悟りましたが、今でもその2日間への後悔はあります。

引用:X (旧 Twitter)より

西野さん(仮名)


わいここ数ヶ月50万〜70万稼いでるのにお金ないのは完全にギャンブルなのわかってるのに辞めらんねーまじで病気(´・∀・`)
パチスロカス歴17年
オンカジ歴8年

クレカ作る→オンカジの悪魔コンボで借金があっというまに増えたね。
パチスロもだいぶ負けてる。
多分マンション買える😊

引用:X (旧 Twitter)より

大井さん(仮名)

オンラインカジノのポーカー、バカラで一発返済を狙うも借金地獄。破産しかないと思ってたけど【30代/380万円任意整理】


一度やってしまうと病みつきになる…

そう聞いて、ふと頭に思い浮かぶものはなんでしょうか?

今回は、ネットで見つけたオンラインカジノにハマってしまった箕輪さんの体験談です。

柏木 裕一
借金減額スペシャリスト

あけるさいむでは借金問題でお困りの方に、借金減額に関する難しい手続き・解決方法を体験談を交えながら、わかりやすく紹介します。OFO Inc.,債務整理アドバイザー/ファイナンシャル・プランニング技能士資格保有

体験談

箕輪さん(仮称)
借入(減額)体験満足度: (3)

【年齢】30代
【性別】男性
【職業】会社員
【借入件数】 4件
【毎月の返済額】12万円
【借金総額】380万円
【解決方法】任意整理
【減額できた借金額】130万円

オンラインカジノにハマってしまった理由は?

オンラインカジノにハマってしまった箕輪さん。なぜハマってしまったのでしょうか。

あける

箕輪さん、今回はどうしてお金が必要だったのでしょうか?

元々ギャンブルが好きでカードローンの限度額を使っては、新しいカードを契約と。

しばらくそれを続けていたら、当然なのですが返済額が収入を上回るようになってしまいました

箕輪さん

あける

なぜオンラインカジノに?

どうしても返済日の間近でお金が必要だったんです。

パチスロの作業感に飽きていたこともあり、ネットでギャンブル情報を見てたらベラジョンっていうオンラインカジノが魅力的に映ったんですよね。

すぐにお金が必要だったこと、そしてオンラインカジノは違法にならないっていうので、目新しさにやられて始めてしまいました。

箕輪さん

あける

それでオンラインカジノにハマってしまったんですね。

はい、ベラジョンと言うサイトのポーカーやブラックジャックといったトランプゲームを主にやっていました。

カジノやギャンブルというよりは、一般的なスマホゲームをやっている感覚と変わりませんでした。

ゲームの課金感覚で、どんどんお金をかけていくうちに契約しているカードの限度額まで使い込んでしまいました

カードの利用金額を返済するために、アイフルやモビット、セディナといった消費者金融から借入れを行なっていました

そんなことを繰り返しているうちに、どんどん借金総額は膨れ上がりました

箕輪さん

オンカジの借金返済について

ギャンブルに使っているお金は、どんどん高額になっていってしまう人がほとんどです。

最初は娯楽でやっていたものが、借金をしてまでどっぷりと浸かってしまったという事案が多数ありますので注意が必要です。

あける

ちゃんと返済はできたんですか?

今は債務整理をしたんで、毎月5万円支払っています。

借金総額も、ずいぶんと見て見ぬふりをしていたんですよね。

でも、毎月自分の口座から引き落とされていく金額が増えていくのが恐くなっていって…

それで、借金減額シュミレーションを使ってみました

診断結果では、自己破産も視野に入れたほうが良いとありましたが、最終的に任意整理に落ち着きました

後日手続きでは、免許証と印鑑、使用しているクレジットカードとキャッシュカードを持っていき、簡単なヒアリング後に手続きを始めてくれました。

その後は何回か電話でやりとりをして、弁護士さんが勝手に手続きを進めてくれるような感じでした。

自分は、電話での現状報告を聞くのみでした。

毎月の支払い額を減らしてもらい、2年後に終了予定です。

箕輪さん

オンカジの借金から脱却した後の状況

現在オンラインカジノでできた借金を返済中の箕輪さんですが、その後不便なことや、気になっていることなどあるのでしょうか。

あける

今の心境はどうですか?

借金返済をするために、他の金融機関で借入て、、、その繰り返しでした。

返済すればまたカードの利用枠が増えるので、まるで自分のお金かのように使っていましたね。

一発逆転を狙って新たなオンラインカジノに手を出したのが地獄の始まりでした。

今は、借金を作った自分を後悔しています。

以前のような生活に戻ることがないよう、任意整理をしてクレジットカードを作ることができない状態にしました。

返済を早く終わらせるために、アフィリエイトやクラウドソーシングの副業で小銭を稼いでいます。

箕輪さん

オンラインカジノで借金しない方法

オンラインカジノで借金をしないためには、以下の点に注意することが大切です。

オンラインカジノで借金をしない方法

・オンラインカジノは所詮ギャンブルだというスタンスを心得る
・使うお金や時間をあらかじめ決めておく
・自己規制機能を利用する
・オンラインカジノをするときは監視してもらう

オンラインカジノは所詮ギャンブルだというスタンスを心得る

まず、オンラインカジノは所詮はギャンブルだという認識を心得ておくことが重要です。ギャンブルは、時に大きな勝ちを得られることもありますが大抵は負けたり損することが多いものです。オンカジに期待しすぎない「諦め」のような気持ちを心得ることで、大きな損失を出す前に諦めがつき区切りよくオンカジを止めることができると考えられます。

例えばオンラインカジノの体験談や口コミなどを見ると、数十万から数千万円も勝ったという成功体験談を見かけるかもしれません。しかし、このようなオンカジ成功体験談は非常にレアケースだと考えられます。こういった成功体験談では、オンカジで成功した方が「いくら勝ったのか」にばかり注目してしまいがちですが、その裏でいくら負けてきたのかについても知っておきましょう。オンカジの光だけではなく、影も知るという点は現実を知り冷静にオンカジをする上で重要になるでしょう。

使うお金や時間をあらかじめ決めておく

「こんなに大負けしたから、次で買って絶対取り戻す」という考えが借金するリスクを加速させます。
オンカジをする際には、遊んでいい金額と時間を決めておくなど自分で制限のルールを作ることが重要となります。

自己規制機能を利用する

次に、オンラインカジノに搭載されている「自己規制機能」を利用するのもおすすめです。自己規制機能を使うと、入金限度額やプレイ時間、負け額などを制限することができます。

オンラインカジノをするときは監視してもらう

オンラインカジノをするときに、お金を使いすぎてしまわないよう監視してもらうといった手段もあります。
オンカジをするときは必ず、家族や友人・恋人もしくは競艇仲間などに「お金を使い過ぎないよう監視をしてもらう」のはおすすめです。
身近な人からの視線や意見は、お金の使いすぎ防止に一番効果的だといえます。
そうは言っても監視してくれる人がいないといった場合には、例えばSNSを使って「今日はいくらまで、この時間までオンカジします」といった宣言をしてみるのも良いでしょう。そして実際にオンカジでその金額や時間を過ぎたら、結果報告も忘れずにSNSで報告します。フォロワーがいなくても鍵のついた非公開アカウントでなければ誰かしらには見られています。
こういった周囲の目をうまく抑止力に昇華させると、オンカジをしすぎない…つまりは借金になりにくいと考えられます。

オンラインカジノで借金しない遊び方

オンラインカジノで借金しないための遊び方を紹介します。上述したような金額や時間制限に加えて、オンカジで借金をしない遊び方についても知っておくと良いでしょう。

オンカジで借金しない遊び方

ペイアウト率(還元率)が高いオンカジを選ぶ
ボーナスやキャンペーンを使う
余剰金を使ってオンカジを楽しむ

ペイアウト率(還元率)が高いオンカジを選ぶ

オンラインカジノといえど、カジノサイトは多種多様な特徴があります。
その中で、借金をしないために重視してほしいポイントとして挙げられるのが、ペイアウト率(還元率)です。
ペイアウト率が高いからといって必ず勝てるというわけではありませんが、ペイアウト率が高いゲームを選ぶことで勝ちやすく、そして負けにくくなります。

ボーナスやキャンペーンを使う

オンラインカジノでは、日々ボーナスやキャンペーンを行っています。これらを活用することで効率よくオンカジを楽しむことができます。
初回入金ボーナスやキャッシュバックボーナス、誕生日ボーナスなど様々なボーナスがあるのでこういったものを活用しながら、なるべく自分のお金をかけずにオンカジを楽しむことが借金を作らないコツです。

余剰金を使ってオンカジを楽しむ

生活費や借金返済分からお金を捻出しオンカジで遊んでしまっては、借金地獄へまっしぐらといえます。
生活に必要なお金を確保した上で、余ったお金でオンカジをするのがギャンブルの基本。
オンラインカジノもギャンブルですので、勝つよりは負ける確率のほうが高いものです。生活費や借金返済分を削ってオンカジをしたら、どんな末路に至るのか想像するのは容易いですよね。

体験談が解決への道しるべとなります

今、このページをご覧になっているということは、「借金問題からなんとか解放されたい」と情報をお探しのことでしょう。

どうぞご安心ください。

このサイトには、過去に借金で苦しんでいた人々がどのように解決したのか、その体験談を豊富に掲載しています。

借金総額の体験談は、あなたと似たような状況から抜け出すことができた「リアルな解決法」が盛りだくさんです。

ぜひ一刻も早く、この不安な気持ちから解放され、あなたが望むいわゆる普通の生活を手に入れてください。

2020年5月~2023年9月の「あけるさいむ」ユーザーアンケートに基づくものです

上記、借金総額に応じたページへ遷移して、分析データを見たり体験談を読んだりすることで、今の不安を和らげることができるでしょう

ギャンブル依存症

ギャンブルはのめり込んでしまうと毎月の固定費も気にせず使ってしまう方も多い依存性のものです。

今回のケースでは任意整理で借金問題を対処していますが、返済プランが立てられなければ、個人再生や自己破産をせざるを得ない状況となってしまいます。

特にギャンブルなどで浪費してしまうと免責不許可事由にあたり自己破産ができなくなる恐れもあります。

趣味程度の娯楽で収まっている場合は問題ありませんが、ギャンブルでもう払えないほどの借金になってしまっているなどの場合は、まずは借金減額シミュレーションを試してみましょう

悩む前に試してみる◎?
悩む前に試してみる◎?