趣味の鉄道で借金。減額シミュレーターがきっかけで減額できた男性の借金体験談【30代/200万円/任意整理】

消費者金融やカードローンの利用が理由の借金でも解決できます!消費者金融に依存してしまい、借金した人の体験談、どうやって解決したか気になりませんか?この記事では、消費者金融を利用して任意整理をした人のリアルな体験談をご紹介しています。消費者金融で借金をしてしまった・またはその借金を解決したいという方におすすめの記事です。

鉄道模型やレイアウトの拡張に夢中になり、模型店やオークションサイトからの購入を止められず、資金を燃やし続けてしまいました

この趣味への情熱が高じて、まるで借金依存症のような状態になってしまい、返済の見通しが立たなくなっています。自分ではもうこの財政的な坂道を登るのが困難で、自己破産ことを考えています。

模型店やオークションサイトでの支出による借金は、自己破産で清算可能なのでしょうか?

また、鉄道模型への投資による借金で、コレクションの整理が難しいケースもあると耳にします。自己破産した方の未来はどうなるのでしょうか。鉄道模型や関連商品の購入で、趣味を続けながら財政的な問題を解決した実例についても知りたいです。

高橋さん

あける

あけるさいむには、「趣味で作った借金が返せない」というお問い合わせが日々寄せられています。

「趣味で重ねてしまった借金は、自己破産するしかない」と思ってしまう方は多いのですが、実は自己破産で借金を解決している人はごくわずか。

中には自己破産ができないという方もいらっしゃいますが、自己破産より軽い減額手続きである任意整理などの債務整理を利用する方も多く、実際ご自身に合った手続きを選ぶことが重要です。

消費者金融やカードローンの利用での借金返済に困ったら、まずは借金減額シミュレーターを利用し、あなたに合う借金減額方法を確かめてみることをおすすめします。

下のボタンから、ユーザー満足度No.1の減額シミュレーターを使うことができます。

あける

借金減額シミュレーターの口コミや評判については、下記の記事でも紹介しているのであわせてチェックしてみると良いでしょう。また、この記事では、消費者金融やカードローンなどの利用で自己破産した方々の体験談をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

体験談が解決への道しるべとなります

今、このページをご覧になっているということは、「借金問題からなんとか解放されたい」と情報をお探しのことでしょう。

どうぞご安心ください。

このサイトには、過去に借金で苦しんでいた人々がどのように解決したのか、その体験談を豊富に掲載しています。

借金総額の体験談は、あなたと似たような状況から抜け出すことができた「リアルな解決法」が盛りだくさんです。

ぜひ一刻も早く、この不安な気持ちから解放され、あなたが望むいわゆる普通の生活を手に入れてください。

2020年5月~2023年9月の「あけるさいむ」ユーザーアンケートに基づくものです

上記、借金総額に応じたページへ遷移して、分析データを見たり体験談を読んだりすることで、今の不安を和らげることができるでしょう

鉄道の趣味が高じて大量借金

あける

あけるさいむで行ったアンケートによると、消費者金融やカードローンからの借金を自己破産や任意整理で解決した人も多くいることがわかりました。浪費で自己破産をした方はその後どのような生活を送っているのでしょうか。


3年前、私は鉄道模型の世界に深く没頭し、それが原因で家庭生活が犠牲になってしまいました。結婚して10年が経ちましたが、私の鉄道趣味と妻の価値観は大きく異なり、私たちの間の溝は日に日に深まっていきました。私たちには2人の子供がおり、離婚後も子供たちのために良好な関係を築こうと努力しました。

離婚協議の際、妻は模型の維持費や子供たちのための資金を支援することを約束しました。しかし、実際には約束を守ることなく、模型の維持費は一度も受け取ることができませんでした。私はプロジェクトの進行費や展示会への出展費を一人で支えることになり、生活は日に日に厳しくなっていきました。

フルタイムで働いていましたが、プロジェクトの進行費や日常の維持費だけでなく、突発的なレイアウト変更もあったため、収入だけでは足りなくなりました。そのため、借金をすることにしました。

最初は小さな金額から始めたものの、返済が追いつかず、借金はどんどん増えていきました。夜も眠れない日々が続き、子供たちにも心配をかけてしまいました。

ある日、同じ趣味を持つ友人から「借金減額シミュレーターを使ってみなよ」とアドバイスを受けました。そのシミュレーターを利用し、弁護士に相談したところ、自己破産をして借金をなくすことができました

自己破産後の生活は自分が思っていたよりも制限がすくなく、クレジットカードは使えませんでしたが、QRコード払い等で何も苦労なかったです。

佐藤さん


子供の頃から鉄道が好きで、その情熱は大人になっても色褪せることはありませんでした。

鉄道模型を集め始めたのは20代の頃。最初は小さなNゲージから始まりましたが、やがては実物大に近い模型を求めるようになりました。限られたスペースの中で、私の部屋は徐々に模型で溢れかえり、生活の一部となっていきました。

30代になると、趣味はさらにエスカレート。国内外の鉄道旅行に没頭し、特に珍しい路線や廃線になる前の記念乗車は欠かせませんでした。仕事を休んででも、遠征は惜しまなかったのです。

そして、40歳の誕生日。私はついに「鉄道部屋」と呼ぶべき一室を持つことになりました。そこには最新の鉄道シミュレーター、壁一面の路線図、そして何百万円もする模型が並んでいました。この部屋が私の避難所であり、誇りでした。

しかし、この趣味は決して安価なものではなく、クレジットカードの請求は膨らむ一方で、銀行口座の残高は逆に減少していきました。借金は雪だるま式に増え、私はそれを返済する手段を失いました

家族や友人は心配し、趣味を控えるよう忠告してくれましたが、私にとって鉄道はただの趣味ではなく、生きがいそのものでした。彼らの言葉が耳に入ることはありませんでした。

最終的に、私は自己破産を申請することになりました。法的には借金から解放されたかもしれませんが、借金は私の心に深い傷を残しました。今も、遠くの汽笛が聞こえるたびに、胸が痛みます。

自己破産後は鉄道模型等の趣味にお金を使うことはなくなり、友人と遊んだり外出することにお金を使うようになりました

マキさん・


4年前、私の人生は大きな転機を迎えました。私の鉄道模型コレクションを手放す決断をした時です。私は、鉄道模型という趣味に没頭しすぎて、家庭を顧みなかった結果、妻との関係が破綻し、離婚することになりました。私たちには2人の子供がおり、彼らの未来を考えたとき、離婚は避けられない選択でした。

離婚の際、私は仕事の都合で海外に移住することになり、子供たちの養育費の支払いを約束しました。しかし、海外に移住してからは、趣味にのめり込むあまり、家族との連絡を怠り、約束していた養育費も送ることができなくなりました

私はもともとフリーランスの鉄道ジャーナリストとして働いていましたが、収入は不安定で、子供たちの生活費や教育費を賄うのは難しくなりました。結果的に、生活を支えるために複数のクレジットカードを使い、借金を抱えることとなりました。

借金の返済が難しくなり、毎日の生活がプレッシャーだらけでした。しかし、ある日、シングルファーザーの支援団体を知り、勇気を持って相談に行きました。

支援団体の方々は非常に温かく、私の状況を理解してくれました。彼らの助けを借りて、元妻に対して法的な手続きを進め、子供たちの養育費の支払いを再開することができました。また、借金の相談も行い、返済計画を立てるサポートを受けました。

結果的に返済計画は難しく、自己破産をしましたが、今回の経験を通じて、どんなに困難な状況にあっても、一人で抱え込まず、周囲のサポートを受けることが大切だと感じました。

現在は子供たちと共に新しい生活を歩んでおり、鉄道趣味もほどほどに楽しんでいます。この体験は私にとって、人生の線路を修正し、正しい方向に進むための重要な教訓となりました。

木村さん

以上、鉄道の市海で自己破産を経験した人々の体験談を紹介しました。「自己破産した人の末路」というフレーズを耳にすると、多くの人はどうしても暗く、全てが終わったような生活を想像してしまうことでしょう。しかし、実際のところ、それほど厳しい状況にあるわけではないようです。

確かに、債務整理の手法の中で、自己破産は最も厳しい減額手続きとされています。それでも、消費者金融やカードローンへの過度な利用や借入による借金を自己破産によって解決した人も少なくないのが現実です。上の体験談から、自己破産は新たな人生のスタートラインともなり得る、ということが理解できるでしょう。

趣味の鉄道で借金。減額シミュレーターがきっかけで減額できた男性の借金体験談【30代/200万円/任意整理】


鉄道を追いかけて借金200万円!

嗜む程度の趣味がいつの間にか借金を背負うことに。

今回は、任意整理で借金減額をした織田さんの体験談です。

柏木 裕一
借金減額スペシャリスト

あけるさいむでは借金問題でお困りの方に、借金減額に関する難しい手続き・解決方法を体験談を交えながら、わかりやすく紹介します。OFO Inc.,債務整理アドバイザー/ファイナンシャル・プランニング技能士資格保有

体験談

織田克也さん(仮称)
借入(減額)体験満足度: (3)

【年齢】30代
【性別】男性
【職業】会社員
【借入件数】4件
【毎月の返済額】8万円
【借金総額】200万円
【解決方法】任意整理
【減額できた借金額】万円

借金をした理由は?

大手・中小消費者金融、闇金、個人間融資(闇金)、カードローン…、賃金業者は様々な形態で融資を行なっており、借金が身近な存在になっています。そして、お金に困っている方にとっては昔よりはるかに「借金がしやすい世の中」だと言えます。今回の借金体験者である、織田さんは、どうして借金をすることになったのでしょうか?

あける

借金をしたきっかけは何だったんでしょうか?

趣味の鉄道好きが災いして、カメラなどの機材購入や遠征費に充てたのがきっかけです。

私は子供の頃から鉄道が好きで、大人になった今は休日に電車を撮影しに行くのが生きがいになっています。

織田さん

あける

趣味や楽しみがあるのは良いことですね。

はい…ただ、私の場合度が行き過ぎたというか…。

最初のうちは家の近所や、少し遠くまで足をのばして近県の電車を撮影するだけで満足していたんです。

カメラなどの機材も必要最低限のものでした。

織田さん

あける

それがなぜ借金をするまでになったんでしょうか?

その趣味を通じて知り合った友人に感化されてしまって…。

友人は撮影のための機材にもすごくお金をかけていましたし、撮影のために他の地方まで行く熱の入れようでした。

仲良くなるにつれて段々と感化され、私も良いカメラが欲しいと思うようになりました。

織田さん

あける

それで借金をしたんですね。

はい…カメラはレンズ1本だけでも信じられない値段がします。でも、やるなら徹底的にやりたいと思ってしまい、消費者金融で借りいれをしてレンズを数本揃えました。

機材がそろえば良い被写体を撮りたいと思ってしまうもので、私はそれ以降他の地方まで頻繁に遠征するようになっていたんです。

もちろん給料だけでは賄えず、少しずつ借金が増えていきました。

織田さん

あける

気付いた時には…ということですか?

そうなんです…雪だるま式に借金は増えていき、気付いた時には自力では返済できない額になっていました。

織田さん

解決方法や返済について

お金を借りる際には安全な消費者金融は存在しない、と考えるのが鉄則です。

返済計画もないままに借入を繰り返し、後々借金地獄に陥いるというケースが後をたちません。

あける

それでは、どのようにして借金問題を解決したんでしょうか?

私の場合、ネットで見つけた減額シミュレーターがきっかけでした。

4つ程度の質問に答えるだけで、借金が減るかどうかを匿名かつ無料で簡易的に診断してくれるというものです。

私が利用した減額シミュレーターは弁護士事務所が運営していたため、信頼性もありました。

織田さん

あける

診断結果はいかがでしたか?

減額シミュレーターには「借金が減る可能性があります」との表示がありました。

診断翌日には減額シミュレーターを運営している弁護士事務所から「相談だけでもしてみませんか?」という営業の電話が来たので、その電話で依頼をすることにしました。

織田さん

あける

借金を減らせるとのことですが、借金を減らすにはどのような手段があるのでしょうか?

借金の減額方法には大きく2種類あって、「借金そのものを減らす方法」と「利息を減らす方法」があります。

「借金そのものを減らす方法」には「過払い金請求」「個人再生」「自己破産」があり、「利息を減らす方法」には「任意整理」「カードローンの借り換え」「おまとめローン」があります。

私の場合は「利息を減らす方法」の「任意整理」を選びました。

織田さん

あける

任意整理とはどのようなものですか?

任意整理とは、「個人再生」「自己破産」と同じ債務整理のひとつです。

任意整理は弁護士さんが代理となって債権者と交渉をして借金の利息と遅延損害金をカットし、返済計画を立て直すものです。

任意整理が済めば元金を返していくだけになります。ただし、任意整理をすると信用情報に傷がつき、所謂ブラックリスト入りすることになります。

一長一短ありますので、よくよく考えて利用するのが大切です。

織田さん

その後の借金返済状況

無事に借金問題を解消することができた織田さんですが、その後、不便なことや、気になっていることなどあるのでしょうか。

あける

任意整理をした後の生活はいかがですか?

まず、借金完済までの道筋ができて気持ちに余裕が出ました。

任意整理をするまでは返済日が近づくと胃がキリキリしたりと、かなりのストレスを抱えていたように思います。

織田さん

あける

今回のことで学びなどはありますか?

無計画に物事を進めてはいけないということですね…。

趣味の範囲を広げるのも、借金をするのも何の計画もなくやってしまったため、痛い目を見ました。

これからは生活に影響がない程度で趣味を楽しみ、借金完済に向けて頑張りたいと思います。

織田さん

体験談が解決への道しるべとなります

今、このページをご覧になっているということは、「借金問題からなんとか解放されたい」と情報をお探しのことでしょう。

どうぞご安心ください。

このサイトには、過去に借金で苦しんでいた人々がどのように解決したのか、その体験談を豊富に掲載しています。

借金総額の体験談は、あなたと似たような状況から抜け出すことができた「リアルな解決法」が盛りだくさんです。

ぜひ一刻も早く、この不安な気持ちから解放され、あなたが望むいわゆる普通の生活を手に入れてください。

2020年5月~2023年9月の「あけるさいむ」ユーザーアンケートに基づくものです

上記、借金総額に応じたページへ遷移して、分析データを見たり体験談を読んだりすることで、今の不安を和らげることができるでしょう

悩む前に試してみる◎?
悩む前に試してみる◎?