買い物や旅行のプチ贅沢を積み重ねリボ地獄!減額シミュレーターを試した結果、たどり着いた解決方法。【30代/400万円/自己破産】

検索からこのサイトに来た方はこちらのページから
読むことでわかりやすく読み進めることができます。
▶︎【借金額別】みんなの成功体験談でわかる!減額の秘訣

仕事を頑張ったご褒美には、いつもより美味しいご飯を食べたり、週末に旅行に行ったり…

そういった小さな出費も積み重なるとどうなるか、想像したことはありますか?

今回は、プチ贅沢の買い物を繰り返しているうちに気づいたら何百万の借金をしてしまった渡邉さんの体験談です。

柏木 裕一
借金減額スペシャリスト

あけるさいむでは借金問題でお困りの方に、借金減額に関する難しい手続き・解決方法を体験談を交えながら、わかりやすく紹介します。OFO Inc.,債務整理アドバイザー/ファイナンシャル・プランニング技能士資格保有

体験談

渡邉さん(仮称)
借入(減額)体験満足度: (3)

【年齢】30代
【性別】女性
【職業】会社員
【借入件数】 5件
【毎月の返済額】12万円
【借金総額】400万円
【解決方法】自己破産
【減額できた借金額】400万円

自分へのご褒美出費が借金になってしまった理由は?

小さな出費のはずが…気づいたら借金にという渡邉さん。そのきっかけは、なんだったのでしょうか?

あける

渡邉さん、今回はどうしてお金が必要だったのでしょうか?

私の借金は、大体1万円~高くても5万円程度の、「借金」と聞いて想像するような金額ではないような、言わば「プチ贅沢」の積み重ねが原因でした。

18歳になって初めてカードを作って、無知識のまま「リボ払いっていうのがあるんだ! 便利だなぁ」と思って使い始めたことがリボ地獄の始まりでした。

それが社会人になってから、ブランドバッグにも手を出し始めたり、有名アーティストの高額なライブチケットを買ったり、気軽に旅行に行ったりとエスカレートしていきました。

渡邉さん

あける

リボの返済はお給料からコンスタントに支払えていましたか?

いや…実はいろいろあって、その頃には会社員をやめてフリーターになっていたんです。

減った収入分までカードで補うようになり、リボ払いの金額は日に日に増えていきました。

結局クレジットカードをほとんど全て満額まで使用してしまい、またリボ払い癖が高じてその他の分割払いも気軽に行うようになって、最終的には借金総額は400万円ほどに上っていました。

渡邉さん

借金の返済について

リボ払いのしくみは、毎月の支払額を一定の金額に固定して、金利とともに返済していくというものです。

近年は日本でもリボ払いを活用する人が増えており、テレビCMなども増えてきましたが、きちんとしくみを理解した上で利用する必要があります。

あける

ちゃんと返済はできたんですか?

返済を遅延してしまうことが続いたので、藁をもすがるような気持ちでyoutubeの広告で見た「減額シミュレーター」を使ってみました。

診断結果としては、「今回のように400万円まで借金があって、あなたのようなフリーターの立場の方であれば、自己破産をしてしまった方がいい」とのことで…

正直、「自己破産」というワードは、よくは分からないけど「人生終了」だと思ったのですが、詳しく話を聞いてみると、私の場合は、借金の期間を延ばし、時間をかけて返済していく債務整理よりも、借金を帳消しにしてもらって再スタートする自己破産の方が良いと言われ、手続きすることに決めました。

渡邉さん

自己破産手続き後の状況

自己破産手続きを終えた渡邉さんですが、その後はどういった生活を送っているのでしょうか。

あける

今の心境や生活状況はどうですか?

自己破産をしたことは全く後悔していません。

クレジットカードを利用したり,ローンを組んだりすることができなくても案外問題ないんですよね。

今はもう現金のみで買い物をし、今自分の手元にあるお金以外は絶対に使用しないという決意で生きています。

借金が清算されて、気持ち的にもスッキリしています。

渡邉さん

体験談が解決への道しるべとなります

今、このページをご覧になっているということは、「借金問題からなんとか解放されたい」と情報をお探しのことでしょう。

どうぞご安心ください。

このサイトには、過去に借金で苦しんでいた人々がどのように解決したのか、その体験談を豊富に掲載しています。

借金総額の体験談は、あなたと似たような状況から抜け出すことができた「リアルな解決法」が盛りだくさんです。

ぜひ一刻も早く、この不安な気持ちから解放され、あなたが望むいわゆる普通の生活を手に入れてください。

2020年5月~2021年11月の「あけるさいむ」ユーザーアンケートに基づくものです

上記、借金総額に応じたページへ遷移して、分析データを見たり体験談を読んだりすることで、今の不安を和らげることができるでしょう

リボ払いは危険

リボ払いはとても便利な支払い方法である反面、残高の確認を行わないといつの間にか支払うことができない金額になってしまう怖いシステムです。

今回のケースでは早期に発見して対処できていますが、「支払額が少ないからいいだろう」と見て見ぬふりをしてしまう人も少なくありません。

リボ払いを計画的に利用していくためには、利用の度に残高の確認を行い、どのくらい使っているのかを把握しておく必要があります。

もし、リボ払いを利用してもう返済できない額になってしまっているなどがある場合は、借金の減額手続きなど問題解決にあたりましょう

まずはどのくらい減額できるのか匿名でシミュレーションできるのでおすすめです。

あなたはどっち派?
あなたはどっちで完済する?